尾道市の島でも古紙回収は可能

尾道市にはたくさんの島や細い道がある

広島県尾道市は坂の街とも呼ばれており、坂が多いだけではなく、細い道もたくさんあります。
細い道が多い場所は、古紙回収が行われないのではと思う人もいるでしょうが、きちんと回収が行われているので安心です。

他にも尾道市にはいくつか島が存在しています。
有名なのは因島や生口島、向島などですが、これらの島は本土から近くても離島扱いになってしまうので、やはり古紙回収をしてくれるのか心配な人もいるでしょう。

もちろん業者によって回収できるエリアは異なっているでしょうが、有限会社昌山商店なら古紙回収のエリアは尾道市のほぼ全域に対応しています。
よって尾道市にある島であれば、大半の島では古紙回収が可能となっています。

わからないことは問い合わせをしてみる

自分が住んでいるエリアでは古紙回収を行ってくれるのか心配であれば、自分の住所を伝えて古紙回収をしてもらうことは可能か有限会社昌山商店まで問い合わせをしてみるのがよいでしょう。
そうすれば担当者がきちんと説明をしてくれるので、まずは聞いてみることが大切です。

問い合わせの方法は有限会社昌山商店の公式サイトから必要事項を入力し、送信すれば問題ありません。
この方法なら営業時間外や休日であっても問い合わせ内容を送信することが可能ですが、返信をもらえるのは営業時間内に限ります。

また、営業時間内でもすぐに返信をするのは難しいことが多いので、どうしてもすぐに返事が欲しい場合には、電話で問い合わせをしてみるのがよいでしょう。
有限会社昌山商店の公式サイトから問い合わせをする場合、問い合わせ内容とメールアドレス、名前だけの入力で問題ありません。

もし電話で返答をしてもらいたいのであれば、電話番号の欄も設けられているので、電話番号を入力した上、電話での返答をお願いしますと問い合わせ欄に書き加えておくとよいでしょう。
きちんと聞いておけば、自分の住んでいるエリアが確実に古紙回収をしてくれる範囲内なのか、そうでないのかがわかります。

保険って本当に必要ですか?

保険の案内はうんざり

保険の案内は、辟易するほどいっぱい来るでしょう。「加入したほうが良い」とはなんとなく理解はしているものの、なぜ保険は加入したほうがいいのかはっきりしていません。
そこで保険の重要性について、ご紹介します。

日常生活はリスクだらけ

人間いつどこで何が起こるのか、まったくわかりません。昨日まで元気にフルマラソン走っていた人が、倒れて病院に運ばれることもありえる話です。病院に運ばれて治療を受ければ、治療費は当然かかります。倒れた人に家族がいれば、家族の生活にも影響は出てくるでしょう。病気が軽症ならまだ良いのですが、重症となると大変では済まされません。
「健康に気をつけているから問題ない」という声もあるでしょうが、健康な人でも保険は無関係ではありません。小さい子供を持っていれば、教育面でもお金がかかります。少なくとも家に住んでいて日常生活を送っている人ならば、保険を避けて通ることはできないのです。めんどくさそうだからと避けてしまうと、万が一のことが起きたら大変です。

保険があれば大丈夫

そこで保険です。保険に加入していたら、万が一病気で倒れて高額な治療費を請求されても問題ございません。仮に保険に入りたてホヤホヤであっても、保険によって定められた保証が受けられます。
「貯蓄でなんとかやりくりする」という方もいらっしゃるでしょうが、貯蓄でなんとかなるのはお金持ちのみ。貯蓄が不十分ではない時点で倒れてしまったら、人生詰みです。でも保険に加入していたら、保険費用を多く払っていなくても保証は受けられます。

専門家の力も借りよう

「保険」の種類は多種多様で、どの保険に入れば良いのかわからないというのなら、FPに相談してみましょう。徳島で保険相談ができる会社では、専門知識を有したFPの元にご自身にあった保険を案内してくれます。仕組みが面倒な保険についてもやさしく説明してくれるので、利用しない手はありません。
保険を上手く利用できれば、生活はもっと豊かになるでしょう。今からでも遅くはないので、専門家の力を借りるようにして下さい。

足利でテイクアウト

栃木県足利市は足利氏ゆかりの地、平安時代に創設されたとして伝えられている足利学校が現在も残っていて、歴史好きなら一度は尋ねてみたい地でもありますよね。

足利を訪ねたらぜひとも味わっていただきたいB級グルメがあります。

このご時世ですから駅で買えるテイクアウトもおすすめです。

駅には足利名物が詰まった弁当もたくさん並んでいるので、色々楽しめます。

足利のB級グルメ

近頃はどこの地方でもB級グルメ流行りで新しい名物がたくさんありますが、足利にもありますよ。

まずは足利シューマイ。

見た目はシューマイですが、肉や海鮮などは一切入っていません。

刻んだ玉ねぎに片栗粉をまぶして、シューマイの皮に包んだもの。

これがプリプリで美味いんです。

TVでも何度か紹介されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ポテト入り焼きそばもおすすめです。

大きめのジャガイモが入ったソース焼きそばはボリュームたっぷり。

足利では昔からジャガイモの醤油炒めが子供たちのおやつとして食べられていました。

足利でソースを作っている会社が醤油の代わりにソースを使ったら大好評!その後麺が加わりポテト入りソース焼きそばが誕生したそうです。

ソースが美味いからもちろんポテト入り焼きそばが美味いのは当たり前…というわけです。

その他のも「パンヂュウ」など足利のB級グルメは目白押し。

コロナ禍が終息したらぜひ訪れてみてください。

保育を断られる理由

あってはならないことが起きている現実

絶対にあってはならないことですが、障害を持っているという理由だけで保育を拒否された話はあります。残念ながら、1つ2つでは収まりません。おそらく表に出ていない部分もあるでしょう。
そこで利用したいのが、児童発達支援です。児童発達支であれば、障害を理由に入所を断れることはありません。むしろ「ウェルカム」と、歓迎してくれるでしょう。

保育を断る理由は?

何度も申し上げますが、いかなる理由があっても差別は許されません。本来は障害を持っていたとしても、差別をせずに受け入れるべきです。しかし中には、差別以外の理由で断る場合もあるのです。対処ができないのです。
障害を持っている児童の保育は、他の児童とは違います。専門的なカリキュラムを組んだ上で保育に取り組まなければならないのですが、保育士にそこまでの余裕がないのが現状です。そもそも人手不足になっており、通常業務ですらままならない状態。保育をしたくても、できなくなってしまっています。

児童発達支援について

そこで児童発達支援です。児童発達支援では、専門的な資格を持つスタッフが対応。利用児童に合わせて支援計画をたてて、子供のサポートにあたります。保育士だけではなく、語学聴覚士や理学療法士が在籍している場合もございます。
受け入れ体制が万全に整っているため、障害を理由に断られることはありません。鳥栖市にも児童発達支援施設があるので、役所に問い合わせてみることをおすすめします。

情報収集から

子育てはかなり大変な仕事です。1人でどうにかできるほど、甘いものではないのです。保育園に預けることそのものが難しい時代になっているものの、サポート体制は充実しています。サポートは国だけではなく、おすまいの自治体も積極的に対応。
もし子育てになにか悩みがあるのなら、サポートを受けてみることを強くおすすめします。まずは情報収集。ネットからでも構いませんが、役所に直接赴いて問い合わせるだけでもしてみてはいかがでしょうか。第一歩の行動は、明るい未来への道標なのです。

岡山の福祉施設もメインは高齢者向け

少子高齢化社会なので高齢者向けの福祉施設が多い

現在福祉施設は日本全国にたくさんの種類が存在していますが、その中で最も多いのが高齢者向けの施設だと言えるでしょう。
その理由は少子高齢化社会で、高齢者の数が圧倒的に多いことや、昔と違って高齢者の1人暮らしが多く、介護を行ってもらわないと生活が苦しい人が増えていることも挙げられます。

これは岡山県であっても同様で、やはり岡山県内でも高齢者向けの福祉施設が多くなっています。
高齢者向けの福祉施設というと、老人ホームが思い浮かぶでしょうが、老人ホームと言ってもいろいろな種類があります。

例えば社会福祉法人や地方公共団体が運営しているので、比較的安い費用で利用できる特別養護老人ホーム、社会活動への復帰を目的として、リハビリなどをメインで行っている養護老人ホームなども存在しています。
他にも一般的な有料老人ホームよりも価格が安く、A型やB型、C型が存在している軽費老人ホームもあります。

もちろん上記で紹介した以外の福祉施設も存在しているので、まずは入居条件を満たしているか、どれぐらいの費用が必要なのかを確かめてみるとよいでしょう。
わからないことがある場合には気軽に相談してみることをおすすめします。

家庭的な環境が整っている福祉施設

同じ種類の福祉施設であっても、運営しているところが変われば、当然雰囲気も環境も異なります。
岡山県には株式会社コステムというところが真庭市で福祉施設を運営していますが、株式会社コステムでは家庭的な環境が整っていることをコンセプトとした営業を行っています。

今まで住んでいた環境とできる限り同じようなところで生活がしたい、施設という感じではなく家庭という感じのところで生活がしたいという人に適した福祉施設だと言えるでしょう。
少人数制になっているのも特徴で、あまり人が多いと落ち着かないという人にも適している福祉施設なので、気になる人はまず見学をしてみてはいかがでしょうか。

大学入試・就職試験に向けた小論文対策

大学入試で推薦入試を受ける場合、重要とされるのが小論文と面接です。

また教員試験や公務員試験でも、論文の配点比率が高く、しっかりとした対策が必要とされています。

文章を書くことが苦手な人はもちろんですが、得意な人でも論文対策は必要です。

なぜかというと、作文を書くことは何度も経験していますが、論文という形式は経験したことがない方が多いからです。

広島では各種論文対策講座を開講しているので、このような講座を受講して対策に臨むと良いでしょう。

小論文基礎力錬成コース

大学受験のための論文対策講座です。

論文は主張を行い、その主張を論理的に説明して賛同を得るための文章で、物事の事象や感想をつづった作文とは全く異なります。

この講座では、論理的な思考の方法や、論文を作成する手順を学びます。

大学受験で必要な小論文を書くための基礎力を養う講座です。

論文受験対策コース

公務員試験など各種就職試験に向けた論文対策の講座です。

試験に出やすいテーマに沿って、論文を作成し、添削指導を行います。

就職に必要な志望理由書やエントリーシートなどの添削指導も行っています。

就職試験を目指す大学生などが対象の講座となっています。

【残業しているのは自分だけ?!】定時に帰れない原因3つ

  • 周りは定時に帰っているのに、自分だけ残業している
  • 残業しているのに、仕事がなぜか終わらない

気が付いたらオフィスには自分だけ…ということ結構ありますよね。

この記事では自分だけ定時に帰れない原因をお伝えします。

原因を知り改善することができれば、仕事終わりにちょっとイイ居酒屋でゆっくりお酒を嗜むことができますよ。

自分も残業が多く上司から目を付けられていましたが、原因を知ることで定時に帰りワークライフバランスを充実させることができました。

定時に帰れない原因①:仕事を任されやすい

仕事を任されやすい人の特徴としては

  • 仕事がデキる
  • レスポンスが早く信頼できる

が挙げられます。

特徴からも分かるように「仕事を任される=仕事がデキる為信頼できる」であるので、とても素晴らしいことです。

ですが多くの仕事を抱えてしまうと、仕事の数だけプレッシャーも感じますし辛いですよね。

対処法としては1つしかありません。

それは「仕事を断る」ということです。

仕事を多くやるほど実力は付きますが、その分ミスも発生します。

仕事が多くて辛いと感じた時は「断る」ことが長く続ける秘訣でもありますよ。

定時に帰れない原因②:周りの人に仕事を頼めない

周りが忙しそうで仕事を頼みづらいということ、結構ありますよね。

また部下に頼むと教えるのが面倒だし、結局自分でやった方が早い!と思ってしまうこともあります。

周りが忙しそうに見えても、一度お願いしてみましょう。

断られたら、自分でやればいいのです。

あなたが頼ることで、相手は喜ぶかもしれません。

部下にも仕事を頼みましょう。

成長できるチャンスを与えることが上司の仕事でもあります。

部下が戦力になれば、自分の負担が減りますので、未来へ投資すると思って仕事をお願いしてみましょう。

仕事が終わらない原因③:残業しないと不安

残業に慣れてしまっている方に陥りやすい心理で、これが一番問題です。

このような心理になる原因は

  • 残業することで、無意識のうちに周りへ「頑張りをアピール」したいと思っている
  • もっと頑張らないと、周りから取り残されそうで不安

が挙げられます。

仕事は業務時間内で終わらせることが本来の姿です。

自分の仕事が終わったら、「帰る勇気」を持ちましょう。

「帰る勇気」が持てない場合は定時後に予定を入れましょう。

予定を入れてしまえば、帰らざるを得ません。

自分もわざと予定を入れて定時に帰るようにし、だんだんと残業をしないことに慣れていきました。

まとめ

定時に帰れない原因として

  • 仕事を任されやすい
  • 周りの人に仕事を頼めない
  • 残業しないと不安になってしまう

の3つが挙げられました。

当てはまるものがある場合は、少しずつでもいいので是非改善してみてください。

定時に帰りしっかりと休むことができれば、メリハリがつき仕事の効率も上がるはずです。

毎日定時に帰ることは無理でも、疲れたら早めに帰りましょう。

お仕事、本当にお疲れ様です。

ワークライフバランスを充実させて、毎日を楽しんでくださいね。

つくばの子供たちの学力は国内トップレベル

茨城県南部に位置するつくば市は誰もが知る研究都市。

つくば市には国を始め多くの企業が研究機関を設置し、研究者は2万人を超える日本最大の科学都市となっています。

子供たちの教育環境

つくばで暮らす子供たちにとって、日常的に最先端の科学に触れあうことが多く、遊びの中で自然に身についています。

つくばは科学だけではなく、もともと農村だったことから多くの自然が残されていて、自然豊かなエリアでもあります。

小中学校でも科学者が直接授業を行ったりすることもあり、また研究者と学ぶイベントが開催されたりと、つくばの子供たちは素晴らしい教育環境にあるといえるでしょう。

このような教育環境にあり、さらには研究所に勤める保護者の子供たちが多くを占めることから、つくばの子供たちの学力はトップレベルとなっているのです。

つくばの塾

このような教育環境にあることから、つくばには塾もたくさんあります。

つくば市では全国に先駆け小中一貫校をすすめてきましたが、中高一貫校という形もあり教育現場は様々な選択肢があります。

偏差値70越えの難関校を目指す進学塾や、学校の成績をアップする学習塾、中学受験のための塾など目的に応じて選ぶことができます。

学力レベルが高いつくばならではの、特徴的な塾がたくさんあるので、選択肢も広がることでしょう。

不動産は不動産だけが仕事じゃない!

移動を助けてくれるサービス

「不動産を取り扱う業者の仕事は不動産の仲介業のみ」という考えは、過去のもの。今は移動商業店舗や、移動を手伝うサービスを承っています。例えばある不動産業者は、アプリを使って車・自転車・バスなどが利用できるサービスを実施。
仮に家から店に向かうとします。スマホでは家から店に向かうまでのルートを調べることはできますが、タクシーなどの予約はできません。でも不動産業者は、アプリで行き方を調べると同時に乗り物予約ができるシステムを確立。実験段階ではありますが、評価は高いようです。

移動店舗サービス

家から目的地の移動だけではなく、店が自宅までやってくるサービスも実施しています。今は遠出が非常に難しい時期です。また事情により、お出かけそのものが困難な人も少なくありません。そこで移動店舗です。店が近所に来れば、買い物で悩むことはないでしょう。
また移動店舗は、店側にも大きなメリットです。顧客開拓に役に立ってくれるので、利益になるでしょう。

訪問美容

移動店舗は何も「店」だけではありません。堺市の不動産では、訪問理容事業を展開しています。体の自由がきかない人にとって、美容院に行くだけでも大変です。美容院に向かうのが困難になると、髪の毛は伸び放題。自分や家族に切ってもらう手もなくはありませんが、どんな仕上がりになるかは言うに及ばずです。
でも訪問理容であれば、美容師自らが家や施設に訪れてくれます。担当するのは美容師歴30年の大ベテランです。

訪問美容にかかるお値段は?