男性のスキンケアに関するライフハック情報

男性でも肌環境に悩まれている方は多いです。

ニキビや肌荒れなどにより、自分の肌にコンプレックスを持っていても、なかなか改善できないと言う人もいます。

適切なスキンケア対策を行うことで、肌環境の改善につながり悩みを解決できます。

洗顔方法を見直し改善

洗顔をする際に洗顔クリームを使いますが、手にクリームを付けてそのまま洗うだけでは、肌の毛穴の奥の汚れを取りきれません。

洗顔用スポンジなどを使い、洗顔クリームをしっかりと泡立てて洗顔する事がポイントです。

また、スポンジを使うと細かい凹凸により毛穴の汚れが落ちやすくなります。

洗顔の際に肌を強くこすり過ぎると、肌を痛めてしまいます。

スポンジで泡立てて優しくゆっくりと洗うと、毛穴の皮脂までしっかりと落とす事が出来ます。

肌の保湿を維持する

肌環境にとって保湿はとても重要な要素です。

肌が乾燥すると、肌荒れの直接的な原因となります。

乾燥すると肌が痒くなったり、荒れてしまうなど良い肌環境と言えません。

洗顔した後に保湿クリームを使い、肌に潤いを持たせておく事が大切です。

洗顔後以外でも、肌が乾燥している状態であれば保湿を細かく行う必要があります。

食生活を改善する

良い肌環境を作る1つとして、自分自身の食生活を見直し改善することも必要です。

脂肪分が多い食生活ですと、皮脂も自然と多くなり肌環境にも悪影響を与えてしまいます。

栄養のバランスを考えて、野菜を多く取ったり脂肪分の多い食材を減らす、水分を多く補給するなど毎日の食事を見直しする事は大切です。

栄養バランスと水分補給を意識して食生活を見直すと、良い肌環境にも繋げられます。

https://hibijujitsu.com/menssukincare/

まとめ

社会人になると毎日が忙しくなり、自分の肌環境にまで意識が向かないことが多いです。

身だしなみと言う点でも、肌が荒れたりケア出来ていないと見た目も良い印象が与えられません。

社会人として、きっちりとした身だしなみを整えるという点でも、スキンケアも大切な項目と言えます。

洗顔の方法や保湿ケア、食事の見直しなどを行うだけで、肌荒れやニキビなどが改善されるため、日常的にスキンケア対策を意識して取り組む事をお勧めします。

東京都大田区で見る介護保険外サービスの今後について

介護保険外サービスとは

介護保険外サービスは読んで字のごとく、介護保険のサービス以外の部分でできるサービス全般のことを言います。
介護保険が適用された場合には1割負担で価格を安くできることもできるのですが、その代わり介護認定の度合いによって使える保険額が変化したり、サービス適用外のことがあったりするのです。

例えば夕方電球が切れているから変えてほしいと要望があったとします。
しかしそれは家族でできることであり保険適用外なので、自宅にヘルパー職員が来られても対応できないといったことになるのです。
これではもし家族が帰ってくるのが遅い、あるいは家族が近くに住んでいない場合、真っ暗な部屋で転んで大怪我する可能性だってありますよね。

このように介護保険の中だけでサービスを行うとなると、どうしてもできないことが多くなってしまっているのが現状なのです。
そのため介護保険外サービスでは費用が利用する方に全額負担する形にはなりますが、その代わり今までできなかった部分もサービスとして行うことができるので注目されているのです。

東京都大田区での今後の介護保険外サービス

現在介護保険外サービスは様々なサービス内容を展開している状態にあります。
多くは家事代行のサービスや介護タクシーといった送迎サービスです。
中には自治体が手動しているところもあるでしょう。

大田区では介護保険外サービスを専門に行う事業所もあり、事業所によっては介護保険としてのホームヘルパー事業の他、買い物代行や見守り代行も行うところもあります。
またインターネットで介護保険外サービスと利用したい方のマッチングアプリも整備するなど、介護保険ではできなかったサービスにも注目されているのです。
今後は介護保険外サービスと介護保険サービスを両方使用できる、複合型の事業所も多くなり、より利用する方のニーズに合わせたサービスが展開されていくことでしょう。

就労支援で結果を出す

就労支援は万能じゃない

働くのが難しい人のために、小林市では「就労支援」を実施しています。理想を言えば企業に就職し、仕事をするのがベスト。しかし病気等の理由により、難しいという方もいらっしゃるでしょう。
就労支援を活用すれば、確かに就職への道はぐっと近くなるでしょう。しかし本人の覚悟がなければ、就労支援制度を活用しても無意味になります。就職を確かなものにするためにも、今一度自分自身を振り返って下さい。

就労支援について勉強しよう

まずは「就労移行支援」と「就労継続支援」について、勉強しましょう。「どうせ同じ」という声もあるでしょうが、しっかり抑えておかないと大きな負担になるのは明白です。
就労移行支援とは、将来的に一般企業への就職を目指す人を支援する福祉サービスを指します。就職に必要となるスキルも、身に付けられるでしょう。就労継続支援とは、働く場所を提供する福祉サービスです。「就労継続支援A型」と「就労継続支援B型」に分かれており、利用者の体調や状態によって仕事に取り掛かる制度を指します。

スタッフに相談する

就労支援が受けられ事業所に通ったものの、余計にストレスが溜まったという声もあります。一般企業で勤務している一般人でも、大きなストレスがかかるもの。どういう形であれ「仕事」であるのに変わりはありませんので、緊張感もあります。
もし本当に「辛い」と感じたのなら、我慢は禁物。1人で抱え込まず、スタッフに相談しましょう。相談したからとは言え直ぐに改善される訳ではないものの、抱えていた重いモノは取れるでしょう。

出来ることからコツコツ

事業所に通うとなると、今までの環境は大きく変わります。中には「人生を大きく変えたい」という気持ちで、就労支援を受ける方もいらっしゃるでしょう。
高い志を持つのは、良いことです。ただあまりにも高過ぎる志は、却って負担になるだけです。「少し頑張ったら何とか達成できる目標」から立てて、少しずつレベルを上げていきましょう。自分の体調と相談し上手く活用すれば、就職は目前です。

神戸市の障害福祉サービスの受ける方法について

障害福祉サービスについて

なんらかの事故や病気、あるいは先天性の病などによって突然日常が変わる時があることでしょう。
そういった場合には普段の生活が送れなくなるときがきます。
高齢者であれば認知症などもそれに当てはまりますよね。
でも、30代や40代であってもいつ障害を持つようになるのか誰にもわかりません。
障害福祉サービスは、そういった方々に様々な方法で支援し、日常生活が送れるようにしていくこととなるのです。

神戸市でサービス利用を受ける方法とは

神戸市で障がい福祉サービスを受けるためには、まず病院や市役所に行き、相談をしましょう。
受付に言えば担当の課に案内されます。
そうしたら利用申請書に署名することになります。
申請書が提出したら、各種ヒアリングがスタート。今どんな悩みや状態かをしっかりと言い、今後どんなサービスが必要なのかを一緒に考え、計画書を作っていくよう依頼するようになります。

ただ、計画書については自分で作ることも可能です。
その計画書が予算内に収まる内容なのか、そして実現可能なのかをしっかりと吟味し、サービス内容によっては介護給付が必要なのかがわかるので、相談支援事業所に相談してみましょう。
そうして計画書が作成されましたらその書類を市役所に提出。
相談支援事業所に提出してもかまいません。

その後、首級決定や受給者証などの交付がスタート。
その後サービスを担当するものと詳しい話をし、そのサービス事業所との契約を行ってサービス利用が開始されます。

このような手順でサービスが利用できるのですが、なかなかわからないことだらけになることでしょう。
そのため、相談支援事業所や市役所で各種説明を受けながら、またサービス内容をしっかり確認した後に本当に自分に合っているかを確認してからサービスを受けましょう。
あなたに合った方法が必ずあると思われるので、いろいろと相談するといいかもしれませんね。

誰もが読みやすいビジネス本「マンガでわかる!雑談力: トレーニングで話はうまくなる」

この本を読んだきっかけは、妻が購入していて家の本棚にあったことです。

漫画で読みやすそうと思い、試しに読んでみたら、とても良書でした。

元キャリアウーマンの妻もお気に入りのビジネス本だったようです。

実は私は出世をして役職がつくようになり、部下と接する機会が増えたものの、彼らとどういうコミュニケーションをとったらいいのかわからず悩んでいたので、この本を読み進めることにしました。

だからこそ、コミュニケーションに悩んでいる人には、かなりオススメなビジネス本です。

漫画だからとにかく読みやすい

普通のビジネス本というと、とにかく文字が多くて字が小さい!というのが基本のスタイルですよね。

でも、このビジネス本は違います。

表紙からもわかるように漫画の後に解説文がついてくるタイプのビジネス本なのです。

だからこそ、仕事で疲れているけどもスキル高めたい!という時には、かなり使えます。

私は、外で仕事を頑張る分、家ではグータラしたいタイプ。

そんな私だからこそ、家では気楽にビジネス本を読みたかったのです。

この本は、気楽に学べるから頭が痛くならなくていい!なんて絶賛したくなりました。

読むだけじゃなく、トレーニングが大事

この本では、ただ漫画を読むだけではなく、雑談トレーニングが各項目で出てきます。

トレーニングの中には、すぐに使えるテクニックばかりが出てくるので読んでいて面白いです。

例えば、マイナス言葉をプラス言葉に変えるテクニックなどがあります。

「~できない」を「~ならできる」に言い変えたり、「~は違う」を「~とも言えるよね」と言い変えるテクニックです。

マイナス言葉をプラス言葉に置き換えて伝えるだけで、相手が自分に抱く印象はずいぶん変わってくるはずですよね。

このような実践トレーニングが、各項目、解説として全てについてきます。

ただインプットするだけでなく、すぐに実践で使えるテクニックがあるので、読んだ後に確実に自分の力になってくる所が、この本の最大の魅力かもしれません。

まとめ

インプットからアウトプットまでを網羅したビジネス本「雑談力トレーニングで話はうまくなる」。

ビジネス本が苦手と言う人でも、この本なら抵抗なくスラスラと、その日のうちに読み終えることが出来てしまうと思います。

若い人も読みやすいですが、オススメは中堅のビジネスマンです。

上司と部下の板挟みで苦しんでいる人も、この本で雑談力を学べば、職場のコミュニケーションも取りやすくなると思います。

仕事の基本となる雑談力を、この本でぜひ極めてみてはいかがでしょうか。

  

文房具費用を安くするには

地味に痛い文房具

オフィスにとって、毎月の出費はいたいものです。オフィスに関係する出費は、一言では片付かないでしょう。毎月のリース代・家賃・光熱費等、挙げるときりがありません。中でも地味に響いているのが、文房具です。
文房具1つ1つの値段は、そこまでの負担ではありません。ただオフィスとなると、文房具を使う量は家庭用の比ではないでしょう。毎月仕入れるとなると、かなりの出費。いいかえれば、文房具の費用を抑えるだけで節約につながります。そこで利用したいのが、問屋です。

文房具の流通について

メーカーで製造された文房具は、問屋へと送られます。問屋へと送られた文房具は、各小売店へと配送。小売店に送られた文房具は、お客様の元へと届けられるのです。
「間に問屋が入るのは面倒」という声もあるでしょうが、逆に「問屋がいないと大混乱」です。
そもそも文房具を製造しているメーカーは、星の数ほどにも及びます。一文房具店が全ての文房具メーカーに対応すると、大混乱は免れません。そこで店とメーカーの間に「問屋」というクッションを置くことで、混乱を防いでいるのです。とはいえ、メーカーが何もなく問屋に文房具を流している訳ではありません。当然ですが、費用はかかります。問屋は店の注文に応じて、メーカーから仕入れているのです。

問屋から直接購入

最近は、問屋が直接文房具を販売している所も増えてきました。値段はかなり安く、100均一が高級店に見えてしまうほどです。ただ単品での販売は難しいようで、取り扱っている店はほとんど見かけませんでした。多くはまとめての販売です。
個人で使うとなると、まとまりの購入は何かと不便なもの。でもオフィスで使うとなると、まとめて購入した方が効率良いです。

問屋の利用方法

問屋を利用するとなると、気がかりなのは店まで向かう必要があるかどうかでしょう。問屋にもよりますので一概には言えませんが、最近はネットで注文を受けてくれる所も増えてきました。
またメールでも注文を受けている問屋もありますので、問い合わせてみるだけでも価値はあるかと思います。

考え方(人生・仕事の結果が変わる)

仕事や人間関係について迷うことは、誰でもあると思います。

仕事に関しては、目標管理制度の導入による成果主義に対応せざる負えないため、ストレスが溜まります。

何のために仕事をしているのか?そんな思いを抱いていた時に本屋に立ち寄りました。

本書は正しい方向に導く「考え方」について書かれています。

本書は、仕事に関してもぶれない判断基準を学習できる羅針盤となります。

仕事の結果に影響する三つの要素(能力、熱意、考え方)

仕事で人並み以上の結果を出すための方程式があります。

この方程式は三つの要素の積で成り立っているのです。

「能力×熱意(努力)×考え方」です。

「能力」は得意不得意を含めた個人差があります。

「熱意(努力)」も「能力」と同じく個人差がありますが、自分の意志で決めることができます。

やる気や覇気のないひとは「0点」になってしまいますが、誰よりも情熱をもって努力すれば良い結果を導きだせます。

そして、最後に「考え方」という要素の積が掛かってくるのです。

「考え方」について

「考え方」は、その人の思想・哲学であり、生きる姿勢そのものと言ってもいいと思います。

この「考え方」が最も重要な要素で、方程式の結果、つまり仕事の結果を大きく左右するのです。

「能力」や「熱意」は個人差があるものの点数(0点から100点まで)があります。

これに対して、「考え方」には「悪い考え方」から「良い考え方」があるため、マイナスになってします場合があるからです。

仕事はもちろん、人生の結果を大きく左右する要素なのです。

たとえ「能力」が低くても、「良い考え方」のもとで「熱意(努力)」を重ねれば、素晴らしい結果を得ることができるのです。

「良い考え方」と「悪い考え方」

「考え方」次第で結果はプラスにもマイナスにもなるのです。

「良い考え方の」と「悪い考え方」の例を挙げておきましょう。

良い「考え方」の例

  • 常に前向きで、肯定的、建設的
  • 皆と一緒に仕事をしようと考える協調性を持っている
  • まじめで、正直で、謙虚で、努力家である
  • 利己的ではなく、感謝の心を持っている
  • 善意に満ち、思いやりがあって優しい

悪い「考え方」の例

  • 後ろ向きで、否定的、非協力的である
  • 暗く、悪意に満ちて、意地が悪く、他人を陥れようとする
  • 不真面目で、嘘つきで、放漫で、怠け者
  • 利己的で強欲、不平不満が多い
  • 自分の非を棚にあげて、人を恨み、人を妬む

「良い考え方」の習慣化

「考え方」には人生を180度変えるほどの効果があるのです。

「良い考え方」に基づいて行動すれば、仕事の結果はもちろん人生を好転させれるのです。

しかし、言葉で言うことは簡単でも、実際に行うのは難しかもしれませんね。

常に「良い考え方」が習慣となるよう意識して自問自答し続けることが重要だと思います。

まとめ

稲盛和夫著の本書「考え方」は人生哲学に満ちた、仕事にも役立つ本です。

仕事や人生で良い結果を出すための三つの要素(考え方・熱意・能力)が必要あります。

そのなかでも「熱意(努力)」や「考え方」は自分の意志で高めることができるのです。

特に重要なのは「考え方」です。

本書は重要な要素である「考え方」について具体的に詳しく解説しています。

「考え方」次第でプラスにもマイナスにもなるからです。

一読したあとは、「考え方」ひとつで人生が変わることに希望が湧いてくることでしょう。

制服の歴史と日本の歴史

制服と日本の歴史の密接さ

学生の頃に誰しもが袖を通していた、制服。学ランタイプだった人もいれば、セーラー服タイプだった人もいるでしょう。ブレザーだった方も、いらっしゃるかと存じます。制服は、明治になって登場したのをご存知でしたでしょうか。
制服が登場する前は、学校制度はありません。学校制度が始まった当初は、和服に学生帽が一応の制服でした。制服が登場したのは、1870年代のこと。当時は、海軍式の制服でした。

明治時代の制服

制服の歴史は、日本の歴史と直結しています。制服が登場した明治時代は、近代化に力を入れていました。当時は欧米の驚異がアジアまで攻め込まれ、いつ日本も占領されるか不思議ではないほど。日本占領をなんとしてでも回避するため、江戸時代に積み重ねてきた教育方法が大幅に見直されました。
学校制度は欧米のシステムを活用。和服がメインだった時代に、洋服タイプの制服が採用されました。制服に洋服が取り入れたとはいえ、今すぐに洋服が広まった訳ではありません。ただ当時の政府が教育システムの見直しをしなければ、制服そのものは今とは違う形になっていたことでしょう。

戦後の制服

第二次世界大戦に入ると、国民服が登場しました。国民服も、ある意味制服です。当時は服を作るだけの物資も規制されていたため、致し方ない対応だったと言えるでしょう。国民服は通学服としても、用いられるようになりました。男子は国民服に戦闘帽。女子はスカートではなく、セーラー服にもんぺ姿です。
戦後になると、学校教育そのものが見直されました。見直された結果が、現代の教育制度です。復興が進むにつれ、学校の新設が盛んになりました。一時は制服そのものが廃止されたものの、学校教育が一新されて以降復活。ファッション性が高い制服も広がったのです。

現代の制服大綱にある学校の制服でも対応している専門店では、進学を控える生徒のために、質の高い制服を提供。
また無料お直しのサポートも実施していますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネスで役に立つ書籍「心を整えるマインドフルネス」レビュー

突然ある日、友達が良いプレゼントがあると言い1冊の本をくれました。

心を整えるマインドフルネスと言う本です。

当時の私は余裕があると思っていたけど周りから見れば余裕が無かったのかもしれません。

ビジネスに役に立つと思い思い切って読んでみました。

又、この本を通じて実践で役に立った事を1人でも多くの人に知ってほしいと考えこの文を書く事にしました。

成功している人はマインドフルネスを実践している

私たちは日々、忙しく過ごしていると色んな感情やしがらみに影響され気が付けばがんじがらめになっている事が多々あると思います。

また、その事により人に八つ当たりしてしまったり心が荒んで人間関係を壊してしまったりもよくある事ですよね。

そこでそんな場面になっても感情をコントロールできる手法を紹介します。

大きく深く深呼吸をする

→心に余裕が生まれ客観的に物事が見れる。

90秒だけその場からすぐに離れる

→怒りの感情は90秒で血液から無くなることが科学的に証明されている。

今起こっている状況を強く意識する

→自分と感情を切り離し自分は自分でいられる。

毎日ストレッチをする

→血流がよくなり脳に酸素が多くいきわたる。

始めから物事・人に期待しない

→何かあっても悲観になる事がなくなる

良いストレスと悪いストレス

ストレスには良いストレスと悪いストレスがありよく勘違いされがちですが、人は過度なストレスがあるほうが成長できます。

例えば・・・

良いストレス

→自身を向上させるための緊張ストレス

悪いストレス

→手放した方が良い欲求ストレス

これらの事から上記にもある通りそれらを理解する事により

  • 集中力が高まる
  • 仕事のパフォーマンスが上がる
  • 決断が早くなる

などの効果が期待できます。

まずは出来る事から取り入れて実践してしてみてください。

まとめ

少しずつ実践し日常に取り入れていく事で思考がポジティブになり、常に心にも余裕が生まれ快適に過ごせるようになります。

今の社会はストレス社会だからこそビジネスで成功・快適に過ごしていくためにこういったマインドフルネスを取り入れていく必要があるのだと考えています。

心と体は密接に繋がっています。

自分や周りにいる人のために1度立ち止まって考えていかがでしょうか。

ビジネスにおいてまずは自分が変われば相手も状況も良くなります。

熊本の農家が活躍する!熊本県の農業の特徴とは?

熊本には約5万戸の農家がいます。
全国的に見ても農家の数は減っており、熊本も例外ではありません。
しかし、45歳未満の割合は全国的に見ても高い水準にあり、比較的若い世代が農業に従事しているのが特徴です。

熊本の農家が従事する農業の特徴は?

熊本の農家が従事する熊本県の農業の特徴は、世界最大級のカルデラを持つ阿蘇地域や多くの美しい島々によって構成される天草地域を中心に農業が行われています。
球磨川や菊池川などの一級河川や豊富な地下水によって豊かな水資源に恵まれれており、それを背景に品質の高い農作物が生産されています。

熊本県全体が天草地方の一部を除いて内陸性気候にあり、雨が多いのも特徴で、豊富な水を利用した農作物の生産にも強みを持っています。
農家といえば野菜やコメ、果物をイメージする方も多いですが、畜産業も農家の1つとして数えられることがあり、熊本ではこういった畜産に従事する農家も多いのが特徴です。

熊本の農家が主に生産する農作物とは?

熊本の農家が主に生産する農作物は、トマト、肉用牛、米、生乳、豚、みかん、いちご、すいか、なす、メロンです。
トマトは熊本の多くの農家が生産し、日本でも長年トップを走っています。
肉用牛は、阿蘇に代表される熊本の大自然の中で大切に育てられた「あか牛」が有名で、あか牛を中心に多くの牛が生産されているのが特徴です。
米の生産も盛んで、非常に多くのブランド米が生産されています。
主な固有ブランドだけでも、くまさんの輝き、ヒノヒカリ(三度のときめき)、森のくまさん、熊水そだち、にこまるが挙げられます。
これ以外にも阿蘇コシヒカリも有名なブランドで、農家も力を入れている銘柄です。
このようにブランド化や生産量の増強に努めているものも多く、熊本の農家の頑張りが垣間見えます。
野菜やフルーツ、米などを見たら産地を見てみましょう。
きっと熊本産のものが驚くほど多いはずです。