業務用エアコンをリースするデメリットについて - 業務用エアコンリースまとめログ

HOME » エアコンリース情報まとめ » 業務用エアコンをリースするデメリットについて

業務用エアコンをリースするデメリットについて

業務用エアコンのリースについては大きなメリットもたくさんあります。
ですが残念ながらデメリットもあるのです。
どのようなものにでもメリットもあればデメリットは存在しますよね。
ですので業務用エアコンのリース契約を検討されるにあたって、メリットとデメリットの両方をしっかりと把握して考えたうえで契約されることをお勧めします。

どれぐらいの、またどのようなデメリットがあるのかということを知っておかないと契約後にそんなこと知らなかった、なんてことになりかねません。
契約する前にしっかりとした説明を受けておくことをお勧めします。

まずデメリットとしてあげられることの一つに損害金があります。
リース契約の場合は途中で解約することができません。
ですがどうしても途中解約したいとなった場合には、残っているリース契約の残額をすべて一括で支払う必要が出てきてしまいます。
ですので短期間の間しか使用しない、イベント時のみの使用であるというような場合にはリース契約はお勧めできません。
途中解約できないので長期にわたって使用していくという場合に使用されることをお勧めします。

また他のデメリットとしては支払額が総額では高くなってしまうということが挙げられます。
一括で購入した場合の総額の金額と、毎月一定の金額を支払っていって契約満了まで支払った金額の合計の総額ではやはり一括で購入しているほうがお値段的にも安くなりますし、会社のもの、自分のものにすることができます。
ですがリースの場合は契約満了で契約を終了するのであれば製品を返す、返却する必要がありますしお値段的にもどうしても高くなってしまいます。
一度に大きな金額の用意が必要ではない分、最終的な支払額は高くなってしまいます。

また今記載しましたように、所有権についてもずっとリース会社にありますので契約が終了したからといって所有権を持つことができるわけでもありません。
こういったデメリットが挙げられます。