業務用エアコンを購入することとリースすることの違いとは - 業務用エアコンリースまとめログ

HOME » エアコンリース情報まとめ » 業務用エアコンを購入することとリースすることの違いとは

業務用エアコンを購入することとリースすることの違いとは

業務用エアコンの設置にあたって購入するのかリース契約をされるのか迷っていらっしゃる業者様も多いのではないでしょうか。
では業務用エアコンは購入することとリース契約をすることとどちらのほうが良いのでしょうか。

購入とリース契約において両方ともにメリットとデメリットがあります。
ですのでどちらがいいとは一概にいうことはできないんですね。
メリットとデメリットを踏まえたうえでどうするか決めるべきなんですね。
ですのでこちらでは購入とリースとの違いについて記載していきたいと思います。

まず大きな違いといえば所有権があげられます。
業務用エアコンを購入された場合はその業務用エアコンの所有権については購入された会社、または人になります。
ですがリースの場合は所有権を持つことはできません。
所有権は終始ずっとリース会社が持つことになります。
リース契約が満了した後も所有権を移行して持つということはできません。

また金額についても大きな違いがあります。
購入する場合には最初に大きな費用が必要となります。
購入するので購入金額を販売会社に支払う必要があるからです。
ですので初期費用が掛かってしまいます。
リース契約をする場合には長期間にわたって借りて支払っていくことになりますから、初期費用を大幅に抑えることが可能です。
長期間の支払いなので毎月一定金額の支払いで済むというメリットがあります。

ですが支払う総額で計算した場合には、一括で購入されるほうが安く済むというメリットはあります。
逆にリースでいえばデメリットになりますね。
長期間の支払いを合算した場合どうしてもお値段は高くなってしまいます。
ですので初期費用をとにかく抑えたい、毎月の一定金額の支払いにしたいという場合にはリース契約のほうがいいですし、全体的な支払額を抑えたい、最初に一気に支払うことができる費用があるという場合には購入のほうが良いでしょう。
業者様の状況などを加味したうえで選ぶとよいでしょう。